<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

霊たちは、命日とお盆の四日間を一日千秋の思いで待っている

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『入門 先祖供養 』には、次のように書かれています。


具体的にどの程度供養が必要なのか。
「仏壇に毎日食事をお供えしたほうがいいのでしょうか」
等の質問をよく受けますが、通常は、自分の直系の両親や祖父母、曾祖父母など、三代前までのご先祖様に対して、三十三回忌までの回忌供養をし、さらにお盆の供養をすれば十分でしょう。三十三回忌を過ぎたら特定の故人のために供養を続けるというのはやめてください。
というのは、亡くなった方が、せっかく執念を捨てて霊界で修業に励んでいるのに、子孫が供養を続けると、その思いでこの世に引き戻されてしまうからです。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月15日
霊たちが「一時帰宅」を許されるのはお盆の四日間。この日も、ある程度ご馳走を用意しておいたほうがいい。特に霊界でも地獄に近い低い階級にいる霊は、毎日のお供え物を食べることも許されていない。いつもお腹をすかせながら修業し、命日とお盆の四日間を一日千秋の思いで待っている #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-03-30 17:54 | twitter

悩み事、相談事はすぐ人に言うのではなく・・・

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『大天運 』には、次のように書かれています。


必ずしも次元界の高い神様が目前の苦しみを救ってくださる最高の神仏とは限らないからだ。むしろ、私たちの悩み事を直接助けてくださるのは、次元界におりられた神仏のご活動である場合が多い。前著「大金運」で詳説した「大黒天」や「三宝荒神」などがそれである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月16日
悩み事、相談事はすぐ人に言うのではなく、九分九厘まで自分の中で煮詰めること #悩み #開運 #強運
by yukikaze369 | 2016-03-25 22:58 | twitter

「事なかれ主義」についてのつぶやき

今回取り上げたつぶやき「事なかれ主義」については、その後に別のつぶやきがありましたので、それをあげておきます。


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 3月19日
善悪正邪をそのままにしておく人が、
事なかれ主義の人である。
#幸せ #心得


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


半田 晴久(別名:深見 東州) ‏@HandaHaruhisa 2月13日
事なかれ主義は世の中のクズ #心得 #経営者 #ビジネス
by yukikaze369 | 2016-03-24 23:02 | twitter

白龍。これは水性の気が凝結した龍で、お金に関する働きをする。

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『大金運 』には、次のように書かれています。


弁財天はもともとインド系の女性神であるが、もとをただせばその本地は日本の三女神が元祖である。この女神様は、スサノオノミコトの剣から現れた姫で、剣とは物を二つに切って数をどんどんふやしていくところから、経済という意味をもっている。つまり、剣イコール経済、というわけで、剣より生まれた田心姫(たごりひめ)、多紀理姫(たぎりひめ)、多紀津姫(たぎつひめ)の三女神が財物に対して、霊験あらたかなるものをもっているのである。また、地に顕現するときは白蛇、天に現れて白龍神となる。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月11日
白龍。これは水性の気が凝結した龍で、お金に関する働きをする。お金といっても、金龍のようにただ巨額の資金を集めるというのではない。経済全体を動かす働きをする #霊界 #スピリチュアル
by yukikaze369 | 2016-03-23 19:17 | twitter

昔から北極星は、天空の一点に留まり輝いていた。

今回取り上げたつぶやきの続きが、『強運 』には、次のように書かれています。


地球の地軸は北極星を向くようになっている。人類がこの地上に誕生したときから、北極星はすでに地軸の中心として位置し、地球に多大な影響を及ぼしてきた。一生の願いをかけるなら北極星、毎日の願いなら太陽、特定の願いなら木星となっているが、北極星には生まれる子への願いを母親なり父親なりが託すといいだろう。北極星の主宰神はとても子ども思いの好々爺だからだ。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月11日
昔から北極星は、天空の一点に留まり輝いていた。旅人は、北極星がどの方向に輝いているかを絶えず確認しながら旅を続けたし、古代の巨大な建造物も、北極星の位置が基準となって建てられた。四季折々に見られる星座も、北極星を中心に回転する。 #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-03-21 22:53 | twitter

『天王星』は、身に降りかかる災いを転じ、吉に変えてくれる星。

今回取り上げたつぶやきの「天王星」について、、『強運 』と『大金運』に、次のように書かれています。

『強運 』
天王星は、国家経綸の機密をにぎっているため公開できない。精神的な生涯の型を司っている。九~十二歳の霊波動。自我を自覚し、人生の雛形がみられる。また革新の星でもある。

『大金運』
【天王星】神様のお許しがないので説明をはぶく。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月10日
『天王星』 身に降りかかる災いを転じ、吉に変えてくれる星。災い転じて福となし、先々我が身にふりかかる災禍厄難を、許される限りの小難に振り替え、あるいは徳積みや精進努力といった前向きな修業、つまり自分自身の御魂磨きに組み替えてくれる。 #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-03-20 22:10 | twitter

いい恋人とめぐり逢いたい。彼あるいは彼女の心を自分のほうへ向かせたいという場合は、月への祈りを込める

今回取り上げたつぶやきの続きが、『強運 』には、次のように書かれています。


太陽のように、あまり隅々まで明るき照らしすぎず、適当に煩悩や悪さを容認して、手を替え品を替えて説教し、少しずつ衆生を本来の道へと導かれる。まさに、満月、半月、三日月と姿を変えて、夜空に輝く月のようではないか。また、インドは灼熱の国。太陽は嫌われ、月が安らぎを与える象徴として貴ばれ慕われたということもある。

もうひとつ大事なことがあった。月は文学、ロマン、恋といった分野にも力を発揮するという点だ。いい恋人とめぐり逢いたい。彼あるいは彼女の心を自分のほうへ向かせたいという場合は、月への祈りを込めるべきだ。無骨な男性は、徐々に歯の浮くようなことも言えるようになるのである。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月11日
月のほの暗い明るさの雰囲気は、インド世界の仏教に相当している。実際、月の主宰神「ツキテルヒコノオオカミ」様は、仏教に多大な影響を与えておられる。お釈迦様の守護神であったからだ。 #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-03-17 21:44 | twitter

「よし、頑張るぞ!」というときは、太陽から霊的波動を受けるようにしたい

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『大金運 』には、次のように書かれています。


太陽からは、金運も含めて全般的なパワーが出ている。基本的なパターンとしては「健康で、元気に働いて金運を作ろう」というもの。太陽系の中心にあり、すべての惑星のエネルギー源である。「よし、頑張るぞ!」というときは、太陽から霊的波動を受けるようにしたい。そうすれば、何事にも前向きに突き進むことができるようになるだろう。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月9日
太陽の光を浴びて、「よし、がんばるぞ」という気持ちになったり、思わず手を合わせてみたり、嫌な考えを吹き飛ばして前向きに物事をとらえるようになれば、太陽の幸運パワーを感じているといっていいだろう。 #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-03-16 22:37 | twitter

かつては桃の節句にヒナ壇を前に祈祷し、男運はもとより、さまざまな願をかけた

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『恋の守護霊』には、次のように書かれています。


実際の神霊界は一〇段、二〇段などというものではなく、何百、何千という階級だが、最上階にヒナ壇飾りと同じく、男女(正確には、神漏岐、神漏美)が並び、以下、それぞれの霊層にしたがって生活している。古の人が神霊界を垣間見たとき、あたかもヒナ壇のように目に映ったのではないか、と思う。
それをわざわざ桃の節句、すなわち女性の祭りごとに用いたのは、意味深長というべきだろう。単に、神霊界を写し取った形、というより、そこには、男運招来の願いもあったればこそ、女性の祭りごとに用いたのである。イメージの創造で、神霊界とより接近することに、古代人の無意識の叡智が働いていたものと思われる。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月8日
三月三日の桃の節句に飾るヒナ壇は、神霊界の実相にピッタリなのだ。かつてはこのヒナ壇を前に祈祷し、男運はもとより、さまざまな願をかけた #幸せ #婚活 #恋愛
by yukikaze369 | 2016-03-14 17:49 | twitter

『ペガサス座』は、良縁を結ぶ。

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『恋の守護霊』には、次のように書かれています。


秋の夜空を眺めながら、「ペガサスの神よ。どうか、私のもとに素敵な恋人を連れてきて。お願い・・・・・・」
と祈ってみるのもよかろう。男運が上空からまい降りてくるかもしれない。なお、このペガサスへの祈りは男性でも同様に効果がある。「理想の女性をつかわしたまえ」と心から祈れば、女運は確実に向上するだろう。是非実行していただきたい。
また、ペガサス座が見える秋以外の季節はどうするかといえば、イメージだけでよろしい。目を閉じて天空に輝くペガサス座を思い浮かべるのである。




ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月4日
大宇宙の星々からは、不思議なパワーが降り注いでいる。
『ペガサス座』 良縁を結ぶ。特に、自分を援助してくれる人との縁を結んでくれる。
#幸せ #開運 #星に願いを
by yukikaze369 | 2016-03-13 17:20 | twitter


ワールドメイトに入会して感動した深見東州(半田晴久)先生の言葉や、深見東州ツイート@FukamiToshu に関連した著書の言葉などを紹介します。


by yukikaze369

プロフィールを見る

リンククリック

検索

最新の記事

【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-10-12 17:36
【深見東州ツイート関連】 北..
at 2016-09-27 16:28
【深見東州ツイート関連】 妄..
at 2016-09-22 17:57
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-09-19 21:50
【深見東州ツイート関連】 正..
at 2016-09-14 22:23
【深見東州ツイート関連】 願..
at 2016-09-13 21:16
【深見東州ツイート関連】 魔..
at 2016-09-10 22:50
【深見東州ツイート関連】 婚..
at 2016-09-02 22:16
【深見東州ツイート関連】 よ..
at 2016-08-30 22:51
【深見東州ツイート関連】 善..
at 2016-08-27 21:37
【深見東州ツイート関連】 「..
at 2016-08-16 20:56
【深見東州ツイート関連】 マ..
at 2016-08-11 22:18
【深見東州ツイート関連】 自..
at 2016-08-08 21:53
【深見東州ツイート関連】 永..
at 2016-07-25 21:45
【深見東州ツイート関連】 覚..
at 2016-07-20 21:20
【深見東州ツイート関連】 宇..
at 2016-07-07 16:01
【深見東州ツイート関連】 ..
at 2016-06-24 18:33
【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-06-21 15:47
【深見東州ツイート関連】 形..
at 2016-06-14 22:14
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-06-11 22:38

記事ランキング

カテゴリ

全体
深見東州(半田晴久)先生の著書
ワールドメイトとは
ワールドメイトで運勢向上
ワールドメイトで学び
twitter

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル