<   2012年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

いきなり目の前に壁がある

この勘違いは致命的です。

時間が無駄になるだけではなく、後あとまで致命的に影響するからです。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば

自信に満ち満ちた顔で胸を張り、外に出て見れば、いきなり目の前に壁がある。体をぶっつけてもその壁を壊すことはできないし、跳び上がっても、壁を乗り越えることはできない。その時初めて、それらの修業が何の役にも立っていないことに気づき、ガックリとめげてしまう。

by yukikaze369 | 2012-05-21 22:25

エネルギーに限度がある

なぜ、自力本願だけではダメなのか?

そもそも、自分のキャパシティーだけでは、限界があるからです。

深見東州(半田晴久)先生は、こうおっしゃいます。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば

なぜなのか。自分だけの能力を頼りにしなければならないから、おのずからエネルギーに限度がある。そしてまた、自分の持つ能力で自分を開発するのであるから、一種の自己矛盾に陥る。自分という枠に頭をぶっつけてしまえば、それ以上に伸びようがない。箱に閉じ込められたみたいに、自分の枠の中であがくことになるのである。

by yukikaze369 | 2012-05-21 20:26

無意味な行動をなぜ取るか

では、なぜ、多くの人がそうした間違いに嵌ってしまうのでしょう。

深見東州(半田晴久)先生は、その理由を一言でこうおっしゃいます。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば

努力をしても絶対的好結果を得ることはできないという無意味な行動をなぜ取るかといえば、現実界、霊界、そして神界の仕組みを知らないからである。

by yukikaze369 | 2012-05-21 19:24 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

多くの人に引き立てを受けて生きる

もちろん、自己開発そのものに意味がないわけではありません。

しかし、深見東州(半田晴久)先生が言っておられるように、それはとても勿体ないことです。

大きなチャンスを逃しているからです。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


これでは。自己開発どころか、自己嫌悪に陥るばかりである。それでも、真剣にやれば少々の環境改善ぐらいはあるだろう。
 だが、礼節をもって、その道と事柄に詳しい人に頭を下げれば、誠意を感じて助けてくれるものだ。一匹狼的な世渡りより、多くの人の引き立てを受けて生きた方が、よほど楽であり幸運なはずである。

by yukikaze369 | 2012-05-21 17:22 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

艱難辛苦を越えて、希望と真実の繁栄を日本が勝ち取る

困窮と困難はあっても、前途洋洋、未来はバラ色です。

神試しの時代を雄々しく乗り切り、真実の繁栄をつかみ取るために、深見先生率いるワールドメイトは、今日もまた祈り続けるのです。


~ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば~

それから七日後、昭和天皇が崩御された。平成時代の幕開けである。艱難辛苦を越えて、希望と真実の繁栄を日本が勝ち取る時代が来たのだ。
by yukikaze369 | 2012-05-18 19:47 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

神機が円熟した

いよいよ激動の時代が幕を開けました。

思えば、経済危機や自然災害で、困難に次ぐ困難に見舞われたのは、平成時代の幕開けと同時でした。


~ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば~

むろん、神計のあらましに関しては、神界からずっと以前に知らされていたのではあるが、この砌(みぎり)に神機が円熟したのである。
by yukikaze369 | 2012-05-17 21:45 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

本格的な神力や霊力を会員、社会のために打ち出す天機

伊勢の社頭で熱烈に祈りを捧げる深見先生。

そこに神様が天の機の到来を告げられたそうです。

深見先生の長年の疑問が氷解したのは、この時です。


~ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば~

そして、うれしさのあまり、伊勢大神様に何時間もひざを折ってご報告を申し上げた。その時、これからの日本と世界の政治、経済の行く末や、ご神計の方向性をつぶさに知らされて、いよいよ本格的な神力や霊力を会員、社会のために打ち出す天機を知った。
by yukikaze369 | 2012-05-17 18:42 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

目標を大きく上回る奉賛

なお、伊勢神宮への奉賛金では、常にワールドメイトがトップクラスです。

いかに深見先生とワールドメイトが伊勢のご神域を盛りたてているのか。式年遷宮のたびに実感します。


~ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば~

そこで、目標を大きく上回る、奉賛が達成できたのだ。今年も行うので、読者の皆様も、是非、ご協力を願いたい。
by yukikaze369 | 2012-05-17 17:39 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

国家の要、日本民族の魂の光明

ワールドメイトでは、毎年末、伊勢に参拝します。

なぜ、あまたある神社の中で、とりわけ伊勢に結集するのか。

それは、国家のレベルでみたとき、伊勢こそが神霊的な中心にあるからです。


~ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば~

神仕組の要は、現在は白山の神が取り仕切っているが、依然、国家の要、日本民族の魂の光明であることに変わりない。
by yukikaze369 | 2012-05-16 21:36 | 深見東州(半田晴久)先生の著書

伊勢はすべての産土神の総元締め

伊勢に参拝した深見先生。

ただひたすらに、日本国の弥栄を祈念されていたそうです。


〜ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば〜

私たちは伊勢神宮の式年遷宮に際し、なんとか協力させていただこうと発願をしていた。伊勢はすべての産土神の総元締めであり、皇室の奥の院であり、国運隆昌の要(かなめ)であるからだ。
by yukikaze369 | 2012-05-16 20:27 | 深見東州(半田晴久)先生の著書


ワールドメイトに入会して感動した深見東州(半田晴久)先生の言葉や、深見東州ツイート@FukamiToshu に関連した著書の言葉などを紹介します。


by yukikaze369

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンククリック

検索

最新の記事

【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-10-12 17:36
【深見東州ツイート関連】 北..
at 2016-09-27 16:28
【深見東州ツイート関連】 妄..
at 2016-09-22 17:57
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-09-19 21:50
【深見東州ツイート関連】 正..
at 2016-09-14 22:23
【深見東州ツイート関連】 願..
at 2016-09-13 21:16
【深見東州ツイート関連】 魔..
at 2016-09-10 22:50
【深見東州ツイート関連】 婚..
at 2016-09-02 22:16
【深見東州ツイート関連】 よ..
at 2016-08-30 22:51
【深見東州ツイート関連】 善..
at 2016-08-27 21:37
【深見東州ツイート関連】 「..
at 2016-08-16 20:56
【深見東州ツイート関連】 マ..
at 2016-08-11 22:18
【深見東州ツイート関連】 自..
at 2016-08-08 21:53
【深見東州ツイート関連】 永..
at 2016-07-25 21:45
【深見東州ツイート関連】 覚..
at 2016-07-20 21:20
【深見東州ツイート関連】 宇..
at 2016-07-07 16:01
【深見東州ツイート関連】 ..
at 2016-06-24 18:33
【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-06-21 15:47
【深見東州ツイート関連】 形..
at 2016-06-14 22:14
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-06-11 22:38

記事ランキング

カテゴリ

全体
深見東州(半田晴久)先生の著書
ワールドメイトとは
ワールドメイトで運勢向上
ワールドメイトで学び
twitter

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル