カテゴリ:twitter( 78 )

【深見東州ツイート関連】 仏教は「三法印」に要約できる

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大天運』に次のように書かれています。


三つで釈迦の教えは要約され、一般に「三法印」と呼ぶわけだが、「四法印」をもって釈迦の教えを要約することもある。その場合には、先の「三法印」に「一切皆苦」をつけ加えることになる。

世の中はすべて苦しみだ、人生は苦しみだ、というのが「一切皆苦」である。そして、苦しみとは何か(「苦諦」)、なぜ苦しみは集まるのか(「集諦」)、どうすれば苦しみをなくすことができるのか(「滅諦」)、どうすれば苦しみをなくし続けることができるのか(「道諦」)ということから、「苦集滅道」となる。これが「四諦」であり、苦楽の道である人生を物語っている。そして、それらを、改善する方法が「八正道」となるのである。これらをまとめて「四諦八正道」と呼ぶ場合が多い。

以上が「四法印」の「一切皆苦」の概略だが、これらはあくまでも四番目であって、釈迦の教えのエッセンスはやはり「三法印」にある。こう考えれば、あの膨大な大蔵法典もわかりやすいのではないだろうか。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 3月5日
仏教は難しく考えればとてつもなく難しくなるが、簡単に考えれば「三法印」に要約できる。つまり、「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」の三法印である。 #天運 #幸せ #真理
by yukikaze369 | 2016-04-23 23:04 | twitter

【深見東州ツイート関連】 神人合一した人の能力とは

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『絶対運』に次のように書かれています。


神人合一した人の能力とは、禅でいう”見性成仏”のレベルのそれでもなく、密教系のいう”即身成仏”のレベルでいう神人合一でもなく、ましてやメディテーションなどでいう”宇宙意識”といったレベルではない。

たとえば、天津神、国津神、仏界、ヨーロッパ神界、インド神界、中国神仙界、あるいは極微神界など、大宇宙のあらゆる次元の神々と合一したレベルであり、かつてのモーゼや出口王仁三郎、弘法大師、日蓮上人、聖徳太子といった人たちのように、それぞれの時代を切りひらいていく偉大な霊的能力と現実的能力を兼ね備えていなければならないのだ。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 3月3日
自分を忘れ、ただひたすら相手のことを思い、
愛念に満たされている。
他人に対しても、物に対しても、
かくの如くあれば即ち
神人合一せる人である。
#幸せ #心得
by yukikaze369 | 2016-04-21 22:36 | twitter

【深見東州ツイート関連】 霊界のランクを上げるには

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大金運』に次のように書かれています。


霊層を上げるのは、実をいえば方法ではなく心の持ち方や、人々をどれぐらい幸せにしたかという徳分と自己の深奥意識の自覚度合が問題なのであるが、とにもかくにも、本人の心が豊かにならないことには、何事も始まらない。そこで、心を豊かにするひとつの方法として紹介するならば、旅行を挙げてみたい。

現実世界で体験したことは、霊界でも体験できる。美しい世界を現実界で見たならば、霊界でも見ることができ、美味しい食事の味は、霊界でもありありと思い出せるのである。もちろん、これは中以上の霊界での話である。最後に、現世に残した無形の徳と、本人の固定した想念界に相応した霊界へ、死んだ後はいくことを忘れてはならない。だから、還暦以後は、死を恐れるより積極的に対応すべく、毎日を充実させたいものである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月29日
徳を積んだか、悪業を犯したかは、いわばペーパーテストの結果であって、霊界のランクはもう一つの評価点が加わるということに気がつかないことが多いようだ。それが、想念のコンディションである(明るさ、軽さ、温かさなどがその目安となる) #開運 #強運
by yukikaze369 | 2016-04-20 21:15 | twitter

【深見東州ツイート関連】 道元禅師「修証一如」「遍界いまだかつてこれを隠さず」

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『信仰の道』に次のように書かれています。


日本の曹洞宗の開祖として知られる道元禅師は、幼いころから一つの疑問を感じておりました。禅宗はもともと即身成仏の教えですが、それによると、もともと人間は仏様であり、それを発見し体覚するのが本旨である、ということになっています。また、白隠禅師の言葉にも、「衆生本来仏なり」とあります。つまり、もともと衆生は仏様だということです。また、人はもともと聖人だ、という王陽明先生の言葉もあります。

それなのに、なぜ座禅を組み修業をし、即身成仏しなければならないのか。これは変ではないか。道元禅師は、いくら考えても分かりませんでした。そこで、日本中の和尚さんを訪ねて聞いたのです。本来仏である人間が、なぜ、修業をして仏になろうとするのか。しかし、考えても考えても分からず、誰に聞いても分かりませんでした。

困った道元禅師は、比叡山へ行って修業しましたが、そこでも答えは得られず、そこで明全(みょうぜん)という師匠について禅の基礎を学んだのち、中国の天童如浄(てんどうにょじょう)というお師匠様のところで、七年間の修業を重ねたのでした。

そして、はたと悟りました。

そうだ、修業は未知なる仏へ向かっていくものではない。もともと仏である人間が、修業して仏になるものでもない。天の運行の無限なること、果てしなきがごとく、悟りというのはいくらでも深く何重にも層をなしているのだ、ということに気づいたのです。

永遠なものに向かって、完全なものに向かって、ひたすら座っているその姿。その姿というものが仏様なのだ。その人のなかにある仏様の発露なのだ、と悟りました。したがって、何のために座禅を行うのかといえば、健康になるため、悟りを開くため、ましてや仏様になるためではない。座禅そのものが仏の実践なのだ。

そして、「修証一如」という言葉を生んだのです。つまり、修業をするその姿と、仏ということの証は、実は一つなのだ、ということです。進歩発展していく姿そのものが、真実なのです。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月24日
本当の最高の神の教えは、一番身近な、平々凡々とした日常の中にこそある。道元禅師はこれを「遍界いまだかつてこれを隠さず」という言葉で表現した #開運 #強運
by yukikaze369 | 2016-04-15 20:00 | twitter

【深見東州ツイート関連】 どのように徳を積み、徳が具体的な形になったときにどのように考えるか

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『信仰の道』に次のように書かれています。


陰騭録における「徳」とは、「善根を積む」とは、どのような意味なのか。陰騭録によれば、ただ一言、「人に益することを行う」ことです。

しかし、一つ注意してください。人に益するといっても、発するところが善なる心、慈愛でなければ、表面上は善行でも、死ねば地獄行きです。つまり、偽善者となるからです。
また、短期的には益することが、長期的に見れば益しない場合があります。そして、その逆ももちろんありますが、要は、本来の意味における生きた善を施す必要があるのです。大慈悲で、観音様のように、施すべきは施し、戒めるべきは戒めるのが、真の善根といえるでしょう。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月23日
宝くじに当たったことは、あなたの徳が具体的な形になったのだから大いに喜んでよろしい。ただし、考えなければならないのは、あなたの過去の徳分が札束に換わったという点だ。もしその金を浪費してしまえば、あなたは無為に徳を垂れ流しにしたことになる #人生 #開運 #強運
by yukikaze369 | 2016-04-14 22:55 | twitter

【半田晴久ツイート関連】 進歩発展の思想とは?

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『恋の守護霊 』に次のように書かれています。


また、子供は常識にとらわれない。可能とか不可能とかいった境がない。すべてが、可能であり、将来、必ず実現すると信じて疑わない。そこに霊界が働く余地が生まれる。

せっかく霊界が、その子の将来の夢を実現させようと、後押し態勢に入っているのに、それを大人の常識でストップさせてはならない。
「そんなこと、やめなさい。ダメに決まってるでしょ」というのはタブーである。
「やればできる。自信を持ってやりなさい。あなたなら、きっとできる」というべきである。そうすれば、子供は自信を持ち、何ごとに対しても楽しく取り組むことができる。

たとえば、かりにそれが失敗に終ったとしても、「努力したことは必ず実になっている。貴重な次のステップになっているのよ。だから、くじけないで、恐れずに再チャレンジしなさい」と励ますべきだ。これが神道の教育、進歩発展の思想であり、かの松下幸之助の成功もこの発想が原点となっている。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


半田 晴久(別名:深見 東州) ‏@HandaHaruhisa 2月22日
死ぬほどつらくて自殺したくなる時 少し自分が進歩した時である #心得 #経営者 #ビジネス
by yukikaze369 | 2016-04-12 21:32 | twitter

【深見東州ツイート関連】 よき伴侶とめぐり会うには

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『恋の守護霊 』に次のように書かれています。


植松先生のお話し
「原因はいろいろとあるでしょうね。女性は、何といっても受身の立場。だから、順応性のない女性は、縁遠くなります。他人を計る自分なりの尺度をもち、”あの人はいい、あの人はだめ”と年中、人物評価をしている女性がいます。確かに、理想の彼氏というのは自分の尺度にぴったり合う人をいうのですが、けれども、男性は年をとるにつれて、どんどん変化していくものなのです。男性は変化、成長する---そこが問題なのです。

二〇代前半の彼氏に、三、四〇歳台の落ち着きを求めても無理な注文です。逆に二〇、三〇歳台の彼氏に、一〇代の若さを求めてもだめです。年相応に立派かどうかが大切なのであって、”あの人は○○が欠けているから”と、男性からのプロポーズを、自分の固定した尺度で計ってしまうのは、考えものです。

結婚のチャンスは無限にあるわけではないのです。いつまでも、自分の尺度に固執して、その時を取り逃すのは、まさしく、男運がない証拠です。運の強い女性は、決してチャンスを逃がさないものです。男運のあるなしは、このチャンスをいかに見つけ、つかむかなのです。

時の神、それは木花開耶媛之神(このはなさくやひめのかみ)です。富士山の神様でもあります。木花(このはな)のように、パッと咲いて、パッと散る。いつまでも散らなければ、葉は生い茂らないし、サクランボの実もつきません。お花は、いつまでもグズグズ咲いていてはいけないのです。それがわからない女性は、縁遠くなるようですね」


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月23日
どこから見ても申し分のない女性に限って、よき伴侶とめぐり会えずに悩んでいることが多い。さしたる欠点もないのに、結婚できないので、周囲も本人も、ただただ首をひねるばかり。理由はきわめて簡単。良縁を呼び寄せる女性側の行動が不足しているのである #幸せ #婚活 #恋愛
by yukikaze369 | 2016-04-10 17:48 | twitter

【深見東州ツイート関連】 星世界は人間の体と同じように「三層構造」をしている

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大金運 』に次のように書かれています。


星は「三層構造」になっており、我々が目で見ることのできる物質世界と、霊たちが住んでいる霊界、そして、さらに次元の高い「魂」(神霊)の世界から成っていて、太陽から冥王星まで、太陽を含めた太陽系惑星には、ことごとく霊が住み(もちろん、他の星々にも霊がいる)、魂の部分である神霊も存在されているのである。地球もその例外ではないのだが、唯一他の天体と違うのは、肉体をもつ霊、つまり人間が住んでいるということなのである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月22日
古代の人々が心の耳を澄まして、星々からのメッセージを開いたように、私たちもキッカケさえつかめば星の声を聞くことができる。なぜ、そんなことが可能かといえば、実は星世界は人間の体と同じように「三層構造」をしているからだ。 #強運 #開運
by yukikaze369 | 2016-04-09 22:47 | twitter

【深見東州ツイートの続き】 「陰極まりて陽、陽極まりて陰」の法則

今回取り上げたつぶやきの続きが、『大天運 』に次のように書かれています。


すなわち、自分の名声が高まっているとき、他人から評価されているとき、調子がいいときはすでに凋落が始まっている、だから、有形の宝が開花しているときにこそ、傲慢にならず、地道に目に見えない徳を積まなければならず、次の開花のための準備もしなければならない、と。

逆に冬が厳しくてつらいときには、すでに目に見えない世界では春がやってきている。この苦しみ、悲しみ、絶望の冬の時代も、やがて暖かい春の陽光に包まれるのだ。だから、冬の真っ盛りでも絶望してはいけない。悲観してはいけない。勇気をもって、目前の困難に立ち向かうべきである、と。

これが、正しい人生の春の過ごし方であり、冬の越え方なのである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば


深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月20日
「陰極まりて陽、陽極まりて陰」の法則は、何も天地自然の運行にだけ当てはまるものではない。人間の運勢、国家の栄枯盛衰にも当てはまるのである。それゆえ、古来、君子はこの法則をもって修身の鏡とした。 #天運 #幸せ #真理
by yukikaze369 | 2016-04-07 23:36 | twitter

失敗の中から悟る 【深見東州ツイート関連】

今回取り上げたつぶやきと関連することが、『絶対運 』には、次のように書かれています。


たとえ徳分があっても才能があっても、失敗するときは失敗する。まったく失敗しないということはない。
大切なのは失敗したときにどうするかということなのだ。

あなたの守護霊が高級霊であり、しかもあなた自身に大きな力が秘められていれば(というよりも大きな能力を持った人にはそれにふさわしいさらに力のある守護霊がつきそっているものであるが)、そんな場合には、あなたは何回も失敗をさせられ、幾たびも困難な状況に追い込まれるものである。
なぜか。あなたを徹底的に錬磨し、眠っている能力を引き出し、ゆるぎない本物の実力を養成するためである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



深見 東州(本名:半田 晴久) ‏@FukamiToshu 2月17日
紆余曲折を経た人は、失敗の中から悟り、本物になるための精神的なベースが鍛えられ、いろいろな経験を積む中から信頼できる人脈を築きあげていく。はじめから教えないというのは、神様、守護霊さんの大いなる愛なのだ #開運 #強運
by yukikaze369 | 2016-04-05 18:52 | twitter


ワールドメイトに入会して感動した深見東州(半田晴久)先生の言葉や、深見東州ツイート@FukamiToshu に関連した著書の言葉などを紹介します。


by yukikaze369

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンククリック

検索

最新の記事

【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-10-12 17:36
【深見東州ツイート関連】 北..
at 2016-09-27 16:28
【深見東州ツイート関連】 妄..
at 2016-09-22 17:57
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-09-19 21:50
【深見東州ツイート関連】 正..
at 2016-09-14 22:23
【深見東州ツイート関連】 願..
at 2016-09-13 21:16
【深見東州ツイート関連】 魔..
at 2016-09-10 22:50
【深見東州ツイート関連】 婚..
at 2016-09-02 22:16
【深見東州ツイート関連】 よ..
at 2016-08-30 22:51
【深見東州ツイート関連】 善..
at 2016-08-27 21:37
【深見東州ツイート関連】 「..
at 2016-08-16 20:56
【深見東州ツイート関連】 マ..
at 2016-08-11 22:18
【深見東州ツイート関連】 自..
at 2016-08-08 21:53
【深見東州ツイート関連】 永..
at 2016-07-25 21:45
【深見東州ツイート関連】 覚..
at 2016-07-20 21:20
【深見東州ツイート関連】 宇..
at 2016-07-07 16:01
【深見東州ツイート関連】 ..
at 2016-06-24 18:33
【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-06-21 15:47
【深見東州ツイート関連】 形..
at 2016-06-14 22:14
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-06-11 22:38

記事ランキング

カテゴリ

全体
深見東州(半田晴久)先生の著書
ワールドメイトとは
ワールドメイトで運勢向上
ワールドメイトで学び
twitter

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

その他のジャンル