カテゴリ:twitter( 78 )

【深見東州ツイート関連】 「イジメ霊」から身を守るためには

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『強運』に次のように書かれています。


たいていの「イジメ霊」は、「センテン ナム フルホビル」の守護霊合体パワーで逃げ出すが、なかにはものすごい強烈パワーを持つ「イジメ霊」の軍団もある。そういう場合は、不動明王にご登場願うのがよい。(※「イジメ霊」とは、いじめっ子の心をコントロールしている悪霊)

驚異のパワーコールは不動明王様を呼ぶ、SOS信号だ。
「ノーマクサーマンダ バーザラダンセンダ マカローシャダ ソワタヤ ウンタラ タカンマン」
長いパワーコール。全部暗記するのにこしたことはないが、短く言う方法もある。
「ノーマクサマンダ バザラダンカン」
これなら覚えやすい。ところで、不動明王様というものを正しく知っている人は少ないと思うので説明しておこう。簡単にいうと、仏教の中に出てくる「守護神」の一人。大日如来の化身といわれているが、本当は地球の祖神・国常立之尊の化身なのである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-08-16 20:56 | twitter

【深見東州ツイート関連】 マイナスの思いをプラスに変える考え方の工夫

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大天運』に次のように書かれています。

只今只今、その人が接触している人間、仕事、そしてその人自身の考え方によって、いいときの前世が出るか、悪いときの前世が出るかが決まるのである。だから、只今の一瞬一瞬が大切なのだ。いわば、只今只今は、善と悪との分水嶺であるわけだ。
そうして、善が出れば学問、芸術、信仰の要素が融合開花して、ますます才能が磨かれ、さらに、この無形の宝が、有形の現実的な宝を生み出していくのである。
いかに、一瞬一瞬の心の使い方、想念のもち方、あるいはまた、一瞬一瞬の言動と環境が大切であるか、おわかりいただけるであろう。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-08-11 22:18 | twitter

【深見東州ツイート関連】 自分の気持ちの故郷である六次元とは

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大天運』に次のように書かれています。


すべての天神の次元に、瞬間のうちに化身できるのが「正観音(せいかんのん)」(六次元)。すべての地神の次元に化身できるのが「聖観音(しょうかんのん)」(五次元)。すべての仏の次元に化身できるのが「観世音菩薩」(四次元)と申し奉る。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-08-08 21:53 | twitter

【深見東州ツイート関連】 永遠の財産、宝物は何かといえば、学問・芸術・信仰の三つ

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『絶対運』に次のように書かれています。


現実も幸せであり、霊界でも幸せというのが長続きする幸福である。そして、生まれ変わり死に変わりして輪廻転生をくりかえすとき、魂が本当に喜び、また現実のこの世に受け継がれてくる永遠の財産、宝物は何かといえば、学問・芸術・信仰の三つである。
強運になるためには、「まず自力をつけよ」「自力運を高めよ」といったのは、自力によって得られる学問・芸術・信仰の力が長続きするものであり、それらが本当の高級神霊界、つまり天に通じて天運そのものをいただけるからだ。それが本物の幸運であり、幸福でもある。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-07-25 21:45 | twitter

【深見東州ツイート関連】 覚悟の最上のものとは何か。我を捨てること。

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『強運』に次のように書かれています。


神様と仲よくするにはどうしたらいいか、とよく聞かれる。これは非常に簡単だ。誰でもその気になりさえすれば、必ずできる。その方法はこうだ。とにかく心を無にして、我を捨てることが大切。そして、そこに神様がいると思って、意を誠にして親しもうと努力すればいいのである。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-07-20 21:20 | twitter

【深見東州ツイート関連】 宇宙創造の主神とは

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大天運』に次のように書かれています。

無限絶対無始無終、至大至小、至剛至柔であって、全知全能を内包しておられるのが、宇宙創造の主神である。

だから、たとえどんなに努力しても、これを知ったり体得することはできない。その限りでは、神と人との間には永遠の溝があるといえる。

だが、神は人間にわかりやすくするために、無限極から有限の姿となってお出ましになるのである。これが、神霊とか顕現神と呼ばれるものなのである。





ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-07-07 16:01 | twitter

【深見東州ツイート関連】 肉体が死んだ日を命日。霊界から見るとその日は誕生日。

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『入門 先祖供養』に次のように書かれています。


具体的にどの程度供養が必要なのか。
「仏壇に毎日食事をお供えしたほうがいいのでしょうか」
等の質問をよく受けますが、通常は、自分の直系の両親や祖父母、曾祖父母など、三代前までのご先祖様に対して、三十三回忌までの回忌供養をし、さらにお盆の供養をすれば十分でしょう。三十三回忌を過ぎたら特定の故人のために供養を続けるというのはやめてください。

というのは、亡くなった方が、せっかく執念を捨てて霊界で修業に励んでいるのに、子孫が供養を続けると、その思いでこの世に引き戻されてしまうからです。

しかし、一方で故人のことをしっかりと思い起こさなければならないときもあります。一番大事なのはなんといっても命日です。特に本家や長男、また家族全員が回忌供養を忘れたりするとてきめんに影響が現れますから気をつけてください。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-06-24 18:33 | twitter

【深見東州ツイート関連】 その人間に粘りがあるかどうかが大きなターニングポイント

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『恋の守護霊』に次のように書かれています。


ともかく、一つのことをやり始めたら、トコトンやりぬく精神力は、子供の頃に培われる。二〇歳をすぎて、自分の性格を改めようとしても、なかなか改まらないものだ。子供の頃なら、まだいくらでも修正がきく。だから、できるだけ根気が続くよう、母親はしっかり監督する必要がある。オモチャを与えすぎるのはよくない。一つのオモチャで、何時間も遊ばせる訓練が大切。そうでないと、移り気を増長させるようなものである。

親は幼児期の子供にとって、肉体を持った直接の守護霊であり、守護神なのである。それを忘れて、子供にやりたい放題させておくのは、明らかな責任放棄である。根気を持たせ、集中力を養えば、それだけ霊的なパワーを一生涯に期待できるのである。

子供にとっても、「一つのものをやり遂げた」ということは大きな自信につながり、いま、流行の”いじめられっ子”に陥ることもなくなるだろう。悪の誘惑に負けない強い意志と霊力、これが重要なのである。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば



by yukikaze369 | 2016-06-21 15:47 | twitter

【深見東州ツイート関連】 形あるものはすべて、無形の真髄を自分自身が体得し、実感するための媒介

クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト


今回取り上げたつぶやきに関連することが、『大天運』に次のように書かれています。



ここでもうひとつ、よく犯す真髄についての誤解をなくすために語っておきたい。というのも、真髄とは到達するものだ、と思い込んでいる人が多いからである。そうではない。真髄とは到達するものではないのだ。

結論からいえば、真髄とはこの世に生まれる前から自己に内在しているものであり、ただ、それを自覚できていないだけなのだ。

すなわち真髄とは、御魂の世界に没入したときの感触ともいえる。

真髄とは、到達して得られるものでは決してないのである。それゆえ、本にたとえるならば、クライマックスに到達するまで読み続けていく連載小説や連載マンガではなく、「毎回感動の読み切り、次回ご期待!」でなければならないのだ。

マンガは毎回感動して、味わって楽しめばそれでよいものだ。神様の道も本当はそれでよいのである。そして、少しずつでも進歩が伴えば、さらに善しなのだ。

とにかく、真髄とは到達するものではなく、没我の境地の一瞬一瞬にあって、感動しながら楽しみ、学び、向上し続けている自分自身に生きているのだということを理解していただきたい。


ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば






「毎回感動の読み切り、次回ご期待!」といえば、もう終ってしまった番組になりますが、「レオナルドTOSHUの遊びがNight」を思い出します。私の好きな回がYouTubeにありましたので、埋め込みました。


by yukikaze369 | 2016-06-14 22:14 | twitter

【深見東州ツイート関連】 神様と仲よくするにはどうしたらいいか

今回取り上げたつぶやきに関連することが、『強運』に次のように書かれています。


「全部神様にゆだねます」といった心境である。そして、自分自身の人生を、神様から好かれるような人間になるため、世のため人のために使おうと決心する。そして、それができるような立派な人間となるべく、精進努力すればいいのである。この思いを一年、二年と継続させ、同時にそれにふさわしい行いもする。すると、自然と必要なときに”霊眼”が開けてきて、神様の声が心の奥で聞こえるようになる。実に簡単。簡単すぎて、信じられないほどだが本当だ。



ワールドメイト深見東州(本名:半田晴久)先生のことば







クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村 ワールドメイト
by yukikaze369 | 2016-06-11 22:38 | twitter


ワールドメイトに入会して感動した深見東州(半田晴久)先生の言葉や、深見東州ツイート@FukamiToshu に関連した著書の言葉などを紹介します。


by yukikaze369

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

リンククリック

検索

最新の記事

【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-10-12 17:36
【深見東州ツイート関連】 北..
at 2016-09-27 16:28
【深見東州ツイート関連】 妄..
at 2016-09-22 17:57
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-09-19 21:50
【深見東州ツイート関連】 正..
at 2016-09-14 22:23
【深見東州ツイート関連】 願..
at 2016-09-13 21:16
【深見東州ツイート関連】 魔..
at 2016-09-10 22:50
【深見東州ツイート関連】 婚..
at 2016-09-02 22:16
【深見東州ツイート関連】 よ..
at 2016-08-30 22:51
【深見東州ツイート関連】 善..
at 2016-08-27 21:37
【深見東州ツイート関連】 「..
at 2016-08-16 20:56
【深見東州ツイート関連】 マ..
at 2016-08-11 22:18
【深見東州ツイート関連】 自..
at 2016-08-08 21:53
【深見東州ツイート関連】 永..
at 2016-07-25 21:45
【深見東州ツイート関連】 覚..
at 2016-07-20 21:20
【深見東州ツイート関連】 宇..
at 2016-07-07 16:01
【深見東州ツイート関連】 ..
at 2016-06-24 18:33
【深見東州ツイート関連】 そ..
at 2016-06-21 15:47
【深見東州ツイート関連】 形..
at 2016-06-14 22:14
【深見東州ツイート関連】 神..
at 2016-06-11 22:38

記事ランキング

カテゴリ

全体
深見東州(半田晴久)先生の著書
ワールドメイトとは
ワールドメイトで運勢向上
ワールドメイトで学び
twitter

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

人気ジャンル